聖櫃



 脇祭壇に安置されている聖櫃の上部飾りは、前主任司祭の川原謙三神父様が彫られたものです。籠に入ったパンは「キリストのからだ」である「ご聖体」を、魚はキリストとキリスト者のシンボルの姿として模しています。
I X T V S」(イクトゥス)はギリシャ語で魚の意味です
 I (イエズス)
 X (クリストス・聖櫃)
 T (テウー・神の)
 V (フィオス・子)
 S (リーテル・救い主)

古代のキリスト者たちは「イエズス・キリスト 神の子にして救い主」のそれぞれの文字の、最初の文字を組み合わせると、魚の文字になることから、魚をキリストとキリスト者たちのシンボルとして用いました。