門柱

 賑わいを見せる銀座から少し足を運び暁橋を渡ると明石町になります。築地本願寺と聖路加病院に象徴される築地明石町は、近代文化にさきがけて文明開化の洗礼を受けた土地です。築地教会は現在の地に根をおろしてから早くも一世紀がたちました。
百周年記念実行委員会の言葉に、「現在、私たちの教会も百年の歴史を踏まえて初めて存在し、私達はその上に立って、今この瞬間々々を新世紀への第一歩とし、主のみ心に適う、開かれた教会にするため心を新たにしよう」とあります。私達はこれを信条として、主任司祭の御指導のもとに、第二バチカン公会議の指針にのっとり、神の民キリスト者の誇りと勇気をもって、愛と正義、救霊のため、新しい世紀の信徒使徒職活動を続けています。
聖堂は常に静粛と沈黙を心がけ、何時誰が入って来ても落ち着いて祈れるよう、神様との出会いを求めて祈るすべての人をお迎えいたします。