1871年(明治4年)フランス人の宣教師が来日し語学塾を開きました。
当時は、江戸の街角にはあちこちにキリスト教禁制の高札が建てられて
いましたから、公の宣教は出来ない状況でした。
明治6年に禁教令が解かれて、高札が撤去されると共に宣教が開始され、
1878年(明治11年)現在地に、煉瓦作りの聖堂が建てられました。




明治二十年代の築地教会聖堂内部とその外観。




の写真で聖堂の右側にみえる二階建ての建物は、
伝道所や神学校・小学校に使われたもの。
これと向かい合って、聖堂左側に、司教館があった。



旧聖堂は、北緯代牧区の司教座聖堂としてオゾーフ司教により建てられ、
明治十一年(1878年)八月十五日、南緯代牧である
プチジャン司教の司式により献堂されました。
明治二十四年(1891年)、日本の教会は4教区(長崎、大阪、東京、函館)
に分けられ、東京は大司教区となり、オゾーフ司教が初代東京教区長として、
大司教に任命されました。その後、司教座が関口教会に移るまでの29年間、
第四代のレイ大司教の時まで東京大司教区の中心でした。



大正十二年(1923年)九月一日の関東大震災で、旧聖堂は破壊してしまう。
この時、ローマ教皇使節の仮使節館として使用していた旧大司教館をはじめ、
教会付属の建物はすべて焼け落ち、築地教会はガレキの山となる。


      
現在の聖路加病院の方向
からみた旧聖堂の焼け跡。
『汝はペトロなり』と題して
“声”誌に紹介された写真。
左は現在も旧聖堂の遺品として
残っている聖ペトロ像、
右は幼な子を抱いた聖ヨゼフ像。
これらの像は旧聖堂大祭壇
後陣に並べられた。

                                               


大震災から三年たった大正十五年(1926年)十一月、神聖堂が起工し、
翌昭和二年四月十日に竣工、レイ大司教により献堂されました。
新聖堂はレイ大司教の希望によりギリシャ建築パルテノン型 の
木造モルタルです。当初、中央の信徒席は畳敷きでした。


      


昭和6年(1931年)、主任司祭はジロジアス神父からセスラン神父へと
替わり、さらに昭和十六年(1941年)には柴田神父へと引き継がれる。
この間、長崎巡礼、聖人晶慶会の発足、日本殉教者記念碑の建立、
などがおこなわれる。そして、太平洋戦争を迎えるが、明石町一帯は
聖路加病院があったため空襲をまぬがれ、
教会は戦災に会わずにすみました。





現在の築地教会聖堂外観




現在の築地教会聖堂内部


昭和三十五年(1960年)、柴田神父にかわって水谷九郎神父が来任する。
昭和四十年に司祭館が新築、翌年、信徒集会所が新築され
現在に至っています。




ホームに戻る


築地教会の聖堂